メニュー
カスカウィン アネホ 38度 750ml 正規 テキーラ アニェホ 最安値,お得

カスカウィン アネホ 38度 750ml 正規 テキーラ アニェホ 最安値,お得

品番: o0xPQTL2H9UYins

日本人初のテキレロが届ける昔ながらのテキーラ 人気番組クレイジージャーニーで取り上げられた日本人テキレロ(テキーラ職人)が届ける、古き良き伝統のプレミアム・テキーラ。昔ながらの製法を頑なに守り続けているからこそ造ることのできるテキーラ本来の風味は、カクテル・ベースの決定版になり得ます。 カスカウ...
11,200円  8,540円割引: 24%OFF

アイテム説明

日本人初のテキレロが届ける昔ながらのテキーラ

人気番組クレイジージャーニーで取り上げられた日本人テキレロ(テキーラ職人)が届ける、古き良き伝統のプレミアム・テキーラ。昔ながらの製法を頑なに守り続けているからこそ造ることのできるテキーラ本来の風味は、カクテル・ベースの決定版になり得ます。
カスカウィン アネホ
20年間以上に渡りテキーラの熟成に使われたアメリカン・オークの中古樽で、14~16ヶ月の長期にわたり熟成。
干しブドウ香をベースに、アーモンド、黄桃、乾燥したピーナッツ等の香りが広がります。
しっかりとしたアメリカン・オークの樽の風味の主張があり、フィニッシュに近づくにつれ、完熟したアガヴェの甘みが感じられます。

カスカウィン アネホ
名称 Cascahuin ANEJO 100% De Agave
原産国・生産地 メキシコ
酒タイプ テキーラ
アルコール度数 38%
容量 750ml
状態 瓶のみ
保存方法 直射日光・高温多湿を避けて保存してください。また開封後はお早めにお召し上がりください。
注意1
当店の商品は、実店舗また当店HPとの共有在庫の為、 在庫切れとなりご迷惑をお掛けする場合があります。
注意2
また商品画像のラベル、パッケージや度数、容量、ビンテージなど予告なく新商品に切り替わっている場合があります。気になる方は事前にお問い合わせください。
注意3
ディスプレイ画面等の環境上、ページと実際の商品の色・型とは多少違う場合がございます。

カスカウィン

カスカウィン第2代当主 サルバドール・ロサレス・トレス

サルバドール・ロサレス・トレス

テキーラカスカウインは1904年から続く100%テキーラを製造するメキシコの企業です。
我々は、伝統的なやり方を大切にしながら、素晴らしい味とクオリティーを生み出しています。ただし、伝統的でありながらも、メキシコだけでなくグローバル化した現代において世界的な規準である適正製造規範(GMP)にもしっかりと合致しています。小さな企業らしく、父から子へと代々、当家の方法論でノウハウが受け継がれて、メキシコの産業界を代表する企業になったという事実は、私たち一族の誇りです。テキーラカスカウインの会長として、四年の間、これまでの経営者のやり方を守っていくことで生み出せた成功を誇りに思っており、名誉なことであると満足しております。伝統的な製法によって生まれた品質こそが成功に結び付いたのです。
テキーラビジネスは、母国メキシコの文化と伝統を代表している点が強いモチベーションとなっています。このビジネスは、世界でもかなり独特でユニークなメキシコを代表する植物で、香りと味に多様性を持つ蒸留酒を生み出すアガベ作りが主要であるという点で、一種のメキシコ特有のアグリビジネスとも言えます。
ふと気が付くと、そんなメキシコで伝統的につくられた蒸留酒でありながら、今ではあたかもメキシコ人なのかと思えるほど口うるさく飲んでいる「ツウな」外国人の為に、いろいろな特徴のテキーラを製造するようになっているではありませんか。しかしながら、このことはなお一層私に誇りを感じさせるのです。なぜなら、そのおかげで私たちのテキーラを、メキシコとは違う文化を持つ象徴的な国でありながら、国際的に大きな存在感を示す日本にご案内することができ、輸出するきっかけにつながったのですから。日本の消費者が私たちの製品について卓越した情報をもち、味わって、いくつもある蒸留酒の選択肢の中の一つとして受け入れてくれているという事実は、まさに驚くべきことではないでしょうか。
そんな日本の皆さんがこれから私たちのテキーラを気に入ってくださることを楽しみにしております。日本人はとても良い人たちであることと、どこの国の酒飲みとも同じように薀蓄家であることは有名です。また、日本では各国の多種多様の種類が味わわれ、楽しまれており、そしてそれが共に居る人々のその瞬間の楽しみや喜び、幸せを生み出しているということも私は知っております。
ぜひ、カスカウインのスペシャルな方法で作られたテキーラを片手に「サルー!」と乾杯してください! 忘れられない思い出になりますよ。いつもテキーラと共に!敬具
カスカウィン生産マネージャー サルバドール・ロサレス・トレホ(チャバ)

サルバドール・ロサレス・トレホ

まず最初に、日本への感謝の意を表したく思います。
私たちの製品であるテキーラカスカウインを知り、輸出のチャンスをくれた日本に。
私たちにとって私たちの製品を日本に置いてもらえるということは一つの特権です。日本という国が豊かな文化や風習を持っているということは私たちの誰もが知っていますので。
日本について最も魅力的で興味深いのは、すべての物事に対する日本の皆さんの勤勉さです。テキーラに関していえば、私が日本を訪問した際に、私たちメキシコ人の飲み物が日本でどのように見られているかを目にして、日本の皆さんのテキーラに対する敬意や研究心、知識に驚かされました。
テキーラカスカウインは、ストレートやカクテルで楽しめるのはもちろん、シンプルでありながらも風味と香りのラグジュアリーさを損なわず心地の良い瞬間を演出してくれる、そんなテキーラを提供し続けたいと思っています。
カスカウインを味わおう、乾杯!
日本人初のテキレロ 景田哲夫

日本人初のテキレロ 景田哲夫

Q;なぜ世界にはテキーラがこんなにも多くの存在するのか、そしてカクテルにもっと多用出来ないものか・・・そしてメキシコとは・・・
そんな疑問を抱きつつ2014年1月15日、日本でのテキーラ人生修行を経て海を渡り、ここメキシコに到着。たった一つ漠然と企んでいた事それは…
原産地呼称酒「テキーラ」をまず自分の手で造る!
最初は本当にそれだけだった…何の当てもなく…
その後約3ヶ月、ここエル・アレナル地区のテキーラ「カスカウイン」との出会いで現実にその夢が叶うこととなった。
グアダラハラ市からローカルバスを乗り継いで片道約2.5時間。
ふらふらとテキーラ地区の酒屋でひたすらレア・テキーラを探す日々だった。
そんな中、偶然にその街道で熟成樽の荷積み作業を指示していた1人のイギリス人に出逢う。そして彼ら主催の「GDLチャプルテペック外国人懇親会」へ毎週木曜日、暫く通ってみることとなった。
まず、「何をしに来たか?」と質問されるのだが、ここぞとばかりに積極的に自分が何をしたいのかを、今思えば根拠もなく発信していた様な気がする。
そしてそのメンバーの1人のコンタクトが、チャバことサルバドールであった。つまり、それが彼でなかったら、ここカスカウイン蒸留所は、エル・アレナル地区に辿り着く事は、無かったのかもしれない。辿った糸が現在に繋がっていた様だ。
実は日本時代、このブランドを知らなかったのは自分自身でも驚くばかりである。
これがカスカウインとの出会い。
以来、ひたすら来る日も来る日もテキーラ製造工程にどっぷり浸かる。
最初は言葉の壁と全く次元が異なる「テキーラの世界」に圧倒されっぱなしだった。ちなみに今まで「ザイモモナス」と、いう単語は現場では一切聞いた事が無い(笑)
携われば携わる程プロセスのシンプルさに強く惹かれた、他社蒸留所にも数多く訪問したが、こんなに全ての情報をオープンにそして正確に答えてくれる場所は無かった。
そして何よりも人々がとても温かくそしてアツイ。ここで働きたいと徐々に強く感じていったのを今でもよく思い出す。滞在先のサポパン市内からローカルバスを乗り継ぎ往復4時間。様々な人に出会い、そしてその道中でも多くを学んだ。
そして、2015年5月下旬、チャバと彼の奥さんと日本へ一時帰国。東京講習会をはじめ、大阪、京都を一緒に訪れた。日本をざっと知ってもらう事に意味があった。もう既にカウスカウインを日本へ輸出する事を勝手に画策していた頃でもあった。
再びメキシコに戻り申請から半年かかった就労ビザも取得でき、いざ再出発。
今、この文章をカスカウイン蒸留所のオフィスで日本の皆様へ発信出来る事を心から嬉しく感じる。もっと先へ、そして少しずつ。
冒頭の「なぜ世界にはテキーラがこんなにも多く存在するのか」という疑問。
それは飲んで本を読みたくなるお酒ではなく、飲んで人生を明るく生きられるお酒、そしてその文化を、メキシコの人々は世界に発信したいのではないだろうか。
現在メキシコで1年10ヶ月、必死に生きてそう感じた。
もう二つのテーマの謎解きは現在進行形である。取り敢えずグアダラハラ市内から切り込みを入れ始めた。徐々に日本で修行してきた事も活き始めたと感じる様になった。
ブランコ・レポサド・アニェホ、それぞれの個性がはっきり異なる、非常に分かり易いテキーラ100%リュウゼツラン。カクテルにしても十分個性を感じられる。 日本の美味しい水氷、炭酸類、フルーツやビターズとも相性抜群。メキシコ国内販売にあたり、既に1本1本外装53%、そして消費税16%の税金がかかるテキーラ。シンプルかつ手にシックリくるボトルデザイン。源流誕生1904年。過去になぜこのテキーラを知らなかったのか。だから皆様にお届けしたいと願った。そして末永く愛して頂ける様に私自身も前進あるのみ。
テキーラ・カスカウイン、お楽しみ下さい!そしていつかカスカウイン蒸留所でお会いしましょう!!サルー!
畑から皆様のお手元へ・・・